Repka Olejka*

repkolejka.exblog.jp

ラグラグ

b0178631_15125414.jpg


北欧ちっくなマット





以前から気になっていたラグ手芸でティーマット作りました
目の粗い麻布を土台にして、布目に毛糸やテープ上になった布を
ループ状に埋めて作っていきます

うちにある麻の刺しゅう布を使ったので、布目が細かすぎたようで苦戦しました
キルティング用の大きめのフープも必要だったんですが、刺繍枠で代用
これもちょっと小さかったようで、もう端のほうが大変ー
初心者ほど道具は大事なんだと実感

「ループの高さが揃わなくても味が出て、はじめてさんでも本格的な仕上がり」
どこかのラグ手芸の本で見た言葉
『ループの高さが揃わなくても』 のところを呪文のように唱えながらプスプスと

紐のところはコード編みというもの
2本針で編みます リリアン編みのことらしいです
なんで丸く紐になっていくのか不思議

嬉しかったぁできあがったとき(近くではお見せできませんが)


これで
次はどっぷりとミトンワールドにはまることにします
[PR]
Commented at 2013-02-01 19:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by i-nagami at 2013-02-01 22:04
こんばんは^^
これは、以前eikoさんがつくられていた玄関マットと同じ作り方です。
ブログで拝見して私も作りたいと思っていたのです♪
これは間近で見たらびっくりしますよ~ループが不揃いすぎて^^;

教室は3月か4月ですね、楽しみです。
いつも前月の20日あたりに翌月の休み希望を出すので、もし事前に日程が分かれば何日でも休み取ります♪
Commented by eiko+ at 2013-02-02 14:48 x
とっても可愛い〜色合いも素敵、フィンランド国旗ですね!
端のほうはどうなってるのかしら?
もっとアップで見てみたい〜

ループの高さを合わすの、大変ですよね、
「高さが揃わなくても味が出ていい」
いい言葉です^^
麻布なので、しっかりと糸が布に
くくりつけられているのであれば
最初からループを長めにして
最後にループの真ん中を切って
全体的に同じ毛足の長さに切りそろえるという
手もあります〜

私も又やりたくなってきたな〜
ダメダメ、ミトンにかからないとね♪

Commented by eiko+ at 2013-02-02 15:35 x
何度もすみません、色が反対でした
フィンランドではなく
シェトランド諸島ですね・・・
Commented by i-nagami at 2013-02-03 17:35
eikoさん ♪

シェトランド諸島!なんとー今知りました。
ただフィンランドの反転だわと思っていたんですが、そんな正式な国の旗だったなんて。ありがとうeikoさん^^

そうかぁループを長めにして切りそろえるという手もあるんですね。
端のほうはほどけてくるのを防ぐため、最初にミシンでぐるりと一周しています。
裏にはフリースを縫い付けました。
背の高いコ、低いコ、好き放題なループでね
遠目で見ればほんといい味出てます(笑)
繊細な刺しゅうも好きですだけど、毛糸のこのモフモフなところも大好きだなぁ^^
Commented by yutin at 2013-02-12 03:45 x
かわいい♡ これは、刺繍になるのですか?
それとも、織物?
何はともあれ、かわいい♡
作り方、ぜひ教えて欲しいです!
Commented by i-nagami at 2013-02-12 10:28
yutinさん ♪

ありがとうございます^^
以前eikoさんが作られていて私も作ってみたいと思っていたのです。
私はラグ針の説明書の通り作ってみたんですが。。。
木枠に麻布を張って布目からラグ針(かぎ針でも)を差し込んで、
毛糸を引き抜き上でループを作るんです。
私のは細かい布目すぎて作業しにくかったのですが、ざっくりした麻布だとサクサク進むと思います。

今日セポさんでのバンド織り、午後から参加します。
yutinさんもかな^^お会いできるかな^^
ワークショップのスヌード、今日つけられてるかな、見たいなぁ♪♪
by i-nagami | 2013-02-01 15:40 | てづくり | Comments(7)